家計がやばい!借金は絶対にダメ!

「今月も家計が大赤字でやばい…」
「貯金がないけど、貯められる余裕もない…」

おそらく、あなたはもう気づいているはずです。

このままじゃダメだって。

この記事にたどり着いた方は、将来に不安を抱えているでしょう。

家計も赤字。貯金もない。

それは、いわば崖っぷちに立っている状況です。

もし家族の誰かが病気になったり、急な出費があったら、シャレにならない状態になってしまう。

「もしものときは最悪、借金するしかない…」

そう考えているとしたら、考えを改めてください。生活費のための借金は最悪の選択です。

一時的にはピンチをしのぐことはできても、「金利」という恐ろしい怪物に苦しめられます。

たとえば年利で10パーセントで、息子の大学の入学費のために、120万円の借金をしたとしましょう。

すると、120万円×10パーセント=12万円の年利になります。

すると、ただお金を借りただけで、毎月1万円もの出費になります。

ただでさえ毎月赤字なのに、さらに1万円も増えたら、さすがにやばくないですか?

それが借金の怖さなのです。

今回の記事では、借金をするような最悪の状況になる前に予防をするための内容を書いていきます。

また、この記事に書いてあることを実行すれば、必ず家計は改善できます。

誰でも無料で出来ることしか書いておりませんので、ぜひともご参考ください。

続きを読む

家計が破綻したらすぐに相談すべき専門家とは

「家計が破綻しそう…」
「家計が大赤字で破綻してる…」

家計の管理をしていて、ついに悩みが大きくなってしまい、この記事にたどり着いたと思います。

断言します。

この記事を読めば、かなり重症ではない限りは、ほとんどの人が改善できます

家計が破綻せず、安定した状態に。

家計が破綻しても、よかった頃の状態に。

なので、家計を改善したい方は、約束してください。

この記事で書かれていることは、すべて必ず実行してください。

なぜなら実行しなければ現実は何も変わらないからです

「初めてだから怖い…」
「忙しくて時間がない…」
「間違えたらどうしよう…」

そうやって今まで何も動き出さなかったから、ここまで問題が大きくなってしまったのではないでしょうか?

たしかに慣れないことをしたり、忙しい中で時間を作るのは大変です。

けれど、自分に聞いてみてください。

「今やらなくていつやるの?」って。

未来の自分を救ってあげられるのは今の自分しかいません。過去の自分が今の自分を苦しめているのです。

もう一度、言います。

ここに書いてあることをすべて実行すると約束してください

ここに書いてあることは、すべて無料で実行できます。

少しの勇気時間さえあれば、誰だって実行できるのです。

やると決めれば、私たちは実行できるのです。

あなたがこの記事にたどり着いたのも、まさに「やる」と決めたからですからね。

では、

「約束できる」

という方のみ、この先を読み進めてくださいませ。

「約束できない」

という方は、どうぞこれからも今までと同じ人生を歩んでくださいませ

変わらないという選択肢を選ぶのもあなたですから。

では続きに参ります。

続きを読む

学費を貯金できずに子どもの夢を潰す親になりたくない

「将来の子どものための学費や教育費を貯金しておかなきゃ」
「でも、貯金の方法ってどんなのがあるんだろう?」

と将来のことを考える、賢い親御さんのみなさま、初めまして。

元保険の外交員の速水と申します。

私がかつて保険の外交員として活動していたときに、よく相談されていたテーマが「学費の貯金」でした。

私は、とても素晴らしい人たちがお客様だったこともあり、

「子どもに夢や目標が見つかったときに『お金がない』という理由で応援できないのは嫌なんです」

というお悩みをよく受けました。

実は、このような悩みをおっしゃる方には、ある共通点がありました。

このようなお悩みを相談する方は、自分が似たような体験をしている方であることがほとんどだったのです。

「だから子どもには自分と同じ経験はさせたくない」

と思うのが親心。

だから、「いざ!」というときのために備えておかなければならない、ということはみんな知っているのです。

しかし、学費の貯金についての詳しい情報を教えてくれるのは、保険のプロか、ファイナンシャルプランナー(家計のプロ)しかいません。

そこで今回は、元保険のプロであり、家計にも詳しい私が、学費の貯金についての最強メソッドをお伝えしていきます。

この記事を読んだら、ぜひメソッドを実行してください。

逆にメソッドを実行する気のない方は読まないでください。

最初に言っておきますが、記事を読んでメソッドを知っただけでは、学費の貯金を貯めることはできません。

メソッドは使って初めて効果があるのです。

誰でもできるメソッドしか教えませんから、必ず実行してください。

そうすることで、この記事は、必ずやあなたのお役に立てると信じております。

それでは始めます。

続きを読む

家計の相談で月に3万円も節約できた話

「思ったよりも貯金が増えない…」
「徐々に貯金が減っていく…」

私には大きな借金があるわけでも、年収が低いわけでもないのですが、家計が思い通りにならないことへのストレスがありました。

このように「家計の小さな悩み」を抱えている人は、かなりの割合でいます。

実際に総務省の家計調査のデータでも、住宅ローンを抱える家庭の大半が「収入の9割の支払先が決まっている」とのことです。

つまり、自由に使えるお金はたったの1割なのです。これで悩まない人がいると言えば、嘘になるでしょう。

しかしながら、私たちの周りには、気軽に家計の相談をできる人がほとんどいません。

たとえば、自分の友だちに家計の相談できますか?

私にはできませんでした。

友だちに家計の相談をするには、自分の家の財布を見られているようでイヤだったからです。

かと言って、親や親戚に相談しても、

「あなたがもっと頑張りなさい」

と漠然としたアドバイスでウンザリ。

テレビや本で調べても、節約マニアか実践している方法は、

「いやいや、いくらなんでもこんなの続けられないよ」

みたいな常人離れした使えないものばかり。

だから私は、ほとほと困り果てて、こんなことを考えました。

何か即効性があって、誰でもすぐにできる節約法や、家計の見直しの方法はないの?

探すこと約1ヶ月。

そして、ついに。

私は、見つけました。

無料で家計の相談ができて、なおかつ、月に3万円ものお金をラクに節約することに成功しました。

そこで今回は私と同じ悩みを抱えている人に向けて、特別な記事を書きました。

ぜひともみなさんのお役に立てますと幸いです。

続きを読む

働けなくなるリスク|19歳OLが就業不能保険に入った話

働けなくなるリスクとは、働くことで得られるはずだったお金を失うことです。

生活していくためにはお金が必要です。しかし、働けなくなった途端、収入源がなくなり、家賃、食費、その他の支払いは、貯金で補うしかありません。

もう働かなくても生きていけるだけの資産がある人には、働けなくなるリスクはありません。

しかし、労働者の95パーセント以上の人が、この働けなくなるリスクと隣り合わせで生活しています。

この記事を読んでいるあなたは、将来への想像力が豊かで頭が良く、

・働けなくなったらどうなるんだろう?
・働けなくなったときのためにどうやって備えておけばいいんだろう?

と考えていることでしょう。

この記事では、その疑問にすべて答えます。

なので、この記事を読む人は、働けなくなるリスクを知らずに不幸になることを未然に防ぐことができるはずです。

働けなくなるリスクを説明するための題材として、19歳OLの物語を書きました。

このOLの主人公は、私の知り合いです。本人に聞いたリアルな話。

説明よりもエピソードの方が伝わりやすいので、小説のような形式で書いております。

約5分ほどの長い文章ですが、ぜひともご参考ください。

続きを読む