貯金のないカップルが結婚?!お金が理由で離婚したくなければココに行くべし

「結婚が決まって幸せ。だけど、貯金がないカップルって大丈夫なのかな?」

と考える女性は少なくないです。

女性は男性よりも圧倒的に頭が良く、想像力もあります

なので、いくら幸せなときでも、つい現実的なことまで考えてしまいます

だからこそ、女性であるあなたは、この記事を見つけて読んでいることでしょう。

ハッキリ言って、男性はこんな記事を読みません(笑)

なぜなら、男性は将来のことをポジティブにしか考えていないからです。

「まあ何とかなるでしょ」

というのが口癖の男性はかなり多いです。

頼りがいがあるように見えて、残念ながら、実は何も考えていません。でも、男性はそのくらいドンと構えておけばよいのです。

賢い女性が引っ張っていってあげればよいからです。

しかし、男性は賢くありませんから、女性がいくら口酸っぱく、

「貯金を貯めなきゃいけない」

と言っても、次の日には酒を飲んでお金を使ってきたり、パチンコで負けてきたりします。

「ねえ、そんなに使ったら生活苦しくなるでしょ!」
「こっちも頑張って稼いでるんだからたまには使わせろよ!」

そして、お金が原因ですれ違い、口喧嘩が増え、最悪の場合は「離婚」に至ってしまいます。

断言しておきますが、お金の問題は、男性が解決してくれることは永遠にありません

もちろん将来的にたくさん稼いでくれる男はいますが、もれなく稼いだ以上に使ってくれます(笑)

なので、賢い女性がお金の問題を未然に防いでいかなければ、ずっとお金の問題は解決してくれません

では、未然に問題を防いでいくには、どのようにすればよいのでしょうか?

そこで今回の記事では、5分でわかる解決方法をお教えします。

しかも、無料で誰でもできる解決策なので、ぜひご参考ください。

「結婚後に貯金がない」を解決する方法

最初に答えを言います。

ゼクシィ保険ショップ」などの保険ショップを利用して、2人で結婚生活後の人生計画(ライフプラン)を作ってください。

人生計画は無料で作ってもらえますし、相談料は無料なので、保険の契約をするしないに関わらず、まずは相談してください。

理由は次の3つです。問題は、女性ではなく男性にあります

・男性は「数字」がないと理解できないから
・男性は「専門家」の意見を受け入れやすいから
・男性は「自分の興味のあること」しか聞けないから

あなたの旦那さんにおいて、一つでも思い当たることがあるなら、悪いことは言いません、この記事を最後までご覧ください。

読むだけでも、絶対にお役に立てます。

では、詳細を書いていきます。

男性は「数字」がないと理解できない

男性はとにかくわかりやすいことが好きです。そして、複雑なことが苦手です。

数字はシンプルで、誰でもわかるので、数字を使って説明すると伝わりやすくなります

たとえば、

「今年はボーナスが少なかったから、去年よりもムダ遣いしないでね」

と頼んでも、男性が使ってくるお金はまったく変化しません。

しかし、次のように説明すると、伝わりやすさが劇的に変わります。

「今年はボーナスが10万円少なかったから、去年より10万円は節約しないとダメだよね?」

このように頼むと、使ってはいけない上限のお金を理解してくれます。

数字によって上限を理解してもらった上で、

「お小遣い5000円減っちゃうけど、ごめんね」
「飲み会は月に2回までにしてね」

と頼めば、「しょうがないよね」ときちんと伝わります。

よって、男性には必ず「数字」を使って、誰でもわかるように伝えてあげてください

男性は「専門家の意見」を信用しやすい

いつも一緒にいる人の声がだんだん聞けなくなってくるのが男性です。

自分の母親がいくら熱心に父親に話しかけても、

「あー、わかった」
「そうだねー」

と生返事をしている様子を見たことはありませんか?

そう。男性は見知った人の話をだんだん聞けなくなる傾向にあります。

女性には理解できない話かもしれませんが、事実です。

男性は「特別なとき」しか耳が働かないんです。

たとえば、好きなことをやっているとき。

たとえば、怖い上司が喋りかけてきたとき。

なぜか?

昔、マンモスを狩っていた時代や、刀を振り回していた武士の時代の名残です。

マンモスを狩る、人を切るのは、「特別なとき」です。

その「特別なとき」に集中力をマックスにするために、普段はリラックスしているのです。

ずっと集中し続けると疲れてしまい、いざというときに殺されてしまうからです。

それが本能レベルで染み付いています。

逆に、女性はむしろ普段から聞くことが得意です。

なぜなら、女性は古来から集団生活をしながら生きていかなければならなかったからです。

つまり、誰かと一緒にいる時間は常に会話に集中しているのです。

会話を聞き逃して、仲間から嫌われて、仲間外れにされると、我が子と一緒に死んでしまうからです。

なので、女性の人の話を聞く力は圧倒的に高いのです。

逆に、男性は人の話が聞けないことを理解しておくべきです。

よって、「専門家の話を聞く」という場を設定し、「特別なこと」にしてあげないと、男性は話を聞くことはできません。

「なんで男性は、日常的に話を聞いてないんだろう?」

と疑問を持ったことのある人は、これは必ず覚えておいてください。

男性は「自分に興味のある話」しか聞けない

男性は自分に興味のある話になると、異常なまでの集中力を発揮します。

好きな趣味、ゲーム、スマホアプリをしているときに、

「ねーねー、話聞いてる?」

と話しかけても、まるで聞いていません

「聞いてるよ」

と答えてきても確実に聞いてません

なぜなら男性は自分に興味のあることしか聞くことができないからです。

「はあ?ふざけんな。聞けよ」

と思った女性に断言しておきますが、それを男性に求めるのはあなたが間違っています。

他人を変えるのは、世界で一番難しいことです。

もし他人を簡単に変える方法があるなら、私たちは世界を支配することができます。

でも、できるわけがないのです。

たった一人すら変えることは難しいです。

じゃあ、どうすればいいのか?

逆に言えば、男性は自分に興味のあることなら話を聞いてくれます

つまり、興味のある状態にさせればよいのです。

たとえば、「貯金がないとヤバイ!」という現実を教えるためには、『彼の好きなことができなくなる』という前提で話をするのです。

女性「ねーねー、あなたの好きなパチンコができなくなるよ」
男性「は?」
女性「このままお金使いすぎると、貯金がなくなるから」
男性「え、どうすりゃいいの?」

みたいな感じです。

最初に相手の興味のある話題を持ってくるのです。

そうすれば異常な集中力で耳を傾けてくれます

実際に試してみてください。

結婚前後に貯金がなければ「保険ショップ」に相談すべし

さて、ここまでは貯金ができない男性をうまくコントロールするための方法について解説してきました。

しかしながら、これらの知識は、ただ覚えただけでは無意味です。

実践しなければ効果はありません。

そこで、まずはプロのチカラを借りて、男性に

「貯金がないと、2人の生活がどうなるのか?」

を教育する機会を作りましょう。

機会を作るのは簡単です。

保険ショップに行ってください。

保険ショップなら、「数字」を使った人生計画をシミュレーションしてくれます。つまり男性でもわかりやすいのです。

また、保険ショップの人たちは「専門家」です。なので、男性も専門家の意見は受け入れてくれやすいです。

そして、保険ショップに誘う際は、男性が嫌がったら、「興味のあること」を理由に誘ってください。

2人の人生をよりよくするための行動です。

ぜひとも今すぐに実行することをオススメします。

オススメの保険ショップとは

新婚夫婦の間で、最も顧客満足度が高いと言われているのは、「ゼクシィ保険ショップ」です。

なぜ、ゼクシィ保険ショップの評判が良いか、というと、新婚向けの保険提案に優れているからです。

他の保険ショップは全年齢をウエルカムなのに対して、ゼクシィ保険ショップは新婚向けに特化しています。

そのため、新婚向けじゃない生命保険会社の商品は、そもそも扱っていないレベルの徹底っぷりだそうです。

「結婚するならゼクシィ」

との有名なキャッチコピーもあるように、新婚夫婦には、ゼクシィ保険ショップがオススメです。

しかしながら、デメリットもあります。

ゼクシィ保険ショップが存在するのは、一部地域は限られています。

そのため、人気殺到していて、予約困難な状況が常に続いているとのことです。

なので、まずは自分の住んでいるエリアにあるかを調べて、運良くショップがあれば、すぐにネット予約をしてしまうことをオススメします。

不運にもゼクシィ保険ショップがないエリアの方の場合は、CMでもおなじみの「保険見直し本舗」や「ほけんの窓口」などの有名なショップをオススメします。

これら2つは大手だけあって、安心度はバツグンです。

ぜひご参考ください。

予約なしで保険相談できるサービスはまだ利用するな

「予約なしでも保険相談できるところはないかな?」

とお考えの人に朗報です。

予約なしでも保険相談可能なところはあります。

たとえば、「ほけんの窓口」や「保険見直し本舗」などの『保険ショップ』と呼ばれるところに行けば、混んでいなければ予約なしでもすぐに保険相談ができます。

しかし、私は読者の方に、ひとつ聞いてみたいです。

「あなたが予約なしで検索したのはなぜですか?」

もし、

「とりあえず保険について調べたいことがあるから予約なしのところに行ってみようかな」

と考えているのであれば、ふらっと近所の保険ショップに行くのはやめてください

「どうしてあなたにそんな止められなきゃいけないの?」

と思うかもしれませんが、これだけは知っておいてください。

無料で保険相談をするだけで超お得なキャンペーンがもらえるサービスがあるのです。

保険相談に同じ時間を使うなら、キャンペーンがない保険ショップに行くよりも、キャンペーンがもらえるサービスを利用する方が、確実によくないですか?

「でも、どうせショボいキャンペーンでしょ?」

いえ、そんなことはありません。

A5ランクの高級和牛や牛タン、1年間使い放題の優待サービスなど、金額にして数千円の価値のあるキャンペーンなのです。

だから僕は、あえて嫌われてもいいと思いながらも、いまこのように記事を書いています。

あなたが求めている情報は、予約なしでも行ける近所の保険ショップかもしれませんが、それ以上に知ってもらうことであなたにとって有益だと思い、記事を書いています。

「そこまで言うなら、すこしは聞いてあげてもいいかな?」

と思ってもらえたら本望です。

思わなかった人は、どうぞここで離脱して、ほかの記事に行ってくださいませ。

それでは本題に行きます。

続きを読む

保険相談で「相続」の問題を解決するには誰に相談すればよいのか?

いま、生命保険の相談の内容として「相続」の問題があがるケースが増えています。

なぜなら、その背景には、単なる相続ではなく、「争族(あらそうぞく)」と呼ばれる問題が全国各地で勃発しているからです。

親の突然の死に際して、相続について争う親族は、こんな会話を繰り広げています。

「私はずっとお母さんの介護をしてたんだから、もっと相続を受け取ってもいいはずよ!」
「いや、俺が長男だし、これからも名前を継いでいくのだから正当な相続を受け取るのは当然の権利だ!」

昔は仲の良かった兄妹も、相続をきっかけに裁判にまで発展する始末。

日本が高齢化社会と呼ばれてもう数十年が経ちました。

もはや高齢化ではなく、本当に「高齢社会」になった日本は、これからもますます「相続=争族」の問題は増え続けることでしょう。

争族の問題を解決する方法は、法廷以外では、実は1つしかありません。

それは「事前に備えておくこと」です。

実際に最も効果的なのは、相続を受け取る可能性のある全員で、事前に決めておくことなのです。

今の話ではなく、未来の話になれば、人は冷静に議論ができるからです。

「妹はずっと介護してくれてるから、このくらい相続を分配した方がいいな」
「お兄さんはお墓を守っていくのだから、このくらい相続を受け取るべきよ」

と相手の立場になって決めることができます。

しかしながら、現実問題として相続を受け取る関係者全員で、事前に話し合う場を設けるのは困難でしょう。

となると、最後はどうすればよいのでしょうか?

答えから言うと、親が元気なうちに、もしものときのために備えておかなければなりません。

「でも、どうやって備えておくべきかわからない…」

と思われたかもしれません。

実際、相続は、多くの専門家のチカラを借りなければなりません。

不動産の相続は、不動産に強い専門家。

金融の相続は、金融に強い専門家。

生命保険の相続は、生命保険に強い専門家。

事業承継は、事業承継に強い専門家。

など、相続する対象によって、法律も制度も異なるため、それぞれに専門家が存在します。

今回の記事では、生命保険の相続に強い専門家に相談する方法について、詳細を書いていきます。

ぜひご参考ください。

続きを読む

有料の保険相談の裏側とは|保険の元プロが徹底解説

現在、保険相談サービスは「有料」よりも「無料」のサービスが多数を占めております。

そのおかげで、専属の保険会社に務める販売員よりも、提案の幅が広い「保険FP」に相談できるラッキーな人が増えました。

しかしながら、

「無料だと提案してくれる人の質は選べないかも」
「せっかくなら有料でしか会えないような人に保険相談したい」

といったニーズがあるのも事実でしょう。

そこで役に立つのが「有料の保険相談サービス」です。

……なんて、言葉をさも当たり前のように受け入れてしまう人は注意が必要です。

今回の記事では、有料の保険相談の裏側について、保険の元プロが解説しております。

他のサイトが書いていないことまで赤裸々に書いておりますので、ぜひご覧ください。

有料の保険相談サービスとは

有料の保険相談サービスには、大きく2種類があります。

1.初回紹介時のみ有料(相談料は無料)
2.相談料が有料

それぞれどのような違いがあるのか解説していきます。

1.初回紹介時のみ有料の場合

主に保険プランナーとして多くの契約を預かった人だけが入会できる「MDRT」の人(もしくはその基準を満たしている人)を紹介してもらうことができます。

多くの契約を預かってきた保険プランナーには、必ず豊富な実績と信頼があります。

経験の浅い保険プランナーや実力のない保険プランナーは入会できない特別な存在のため、紹介してもらった人の実力は折り紙つきです。

初回紹介料の相場は?

有名なサービスで「保険マンモス」の有料保険相談は、初回の紹介料が『5,400円(税込)』です。

他のサービスも同じような相場観です。

2.相談料が有料

金融の雑誌やメディアで連載を持っているような著名な保険専門のファイナンシャルプランナーの中には、相談料を有料としている人もいます。

ところで、著名な保険専門のファイナンシャルプランナーはなぜ有料にしているのでしょうか?

なぜなららとても人気で相談依頼が多すぎるため、相談料を有料にしないと、真剣に相談したい人以外も集まってしまうからです。

また、

「相談料を払ってでも、現状をどうにかしたい!」

と強く思っている人の実行力はすごいので、アドバイス通りに実行してくれるため家計の改善にもつながりやすいのです。

逆に相談料が無料の場合はどうでしょうか?

たとえば、保険の見直しで保険料が下がる場合でも、

「たしかにこっちの方が保険料は安くなるけど、今の保険の特約も魅力的だし。もう少し考えよー」

と結論を先延ばしにして、せっかくの優れた提案を断ったりもします。

どんなによい提案を受けても、実行されなければ無意味です。

そのことをよく理解している人は、有料でしか保険相談を受け付けないのです。

相談料の相場は?

専門のFPに相談をすると、1時間あたり5000円〜10000円が相場となっております。

■参考:相談料の目安(有料相談)|日本FP協会

FPの専門分野もバラバラで、相談内容もピンキリですから、相談料以上の価値がある人にだけ相談すべきでしょう。

もちろん保険は適切な見直しによって、月に1万円以上も節約するケースも少なくありません。

よって、3時間×5000円で15000円以上の節約ができるなら、「良い投資をした」と考えて然るべきです。

有料と無料の保険相談の違いとは

無料の保険相談においても、

「提案がよければ実行する」

と決めている賢い人にとっては、無料でも有意義な相談ができます。

また、無料の保険相談サービスの中でも、ベテランの優秀な保険FPしか紹介していないところもあるので、必ずしも「有料」がよいとは限りません。

そして、元保険のプロとしては、あまり有料の保険相談をオススメできません。

なぜなら、

「有料だからこの保険FPさんは信頼できる」

と勝手に決めつけて、その人の言いなりになってしまうことがあるからです。

言いなりになってしまうと、たとえ間違った提案、無駄な提案も、受け入れてしまいかねません。

家電製品を価格.comで比較するように、生命保険の提案も比較することで、自分の中での選ぶ基準が明確になるわけです。

なので、複数の保険FPの提案を比較して、その中から最適なものを受け入れるのが、本来の正しい方法だと考えています。

相談料が有料だと中立に意見してくれる?

「相談料が有料だと、中立的に保険の提案をしてくれる」

と信じている人がいます。

残念ながら、これは単なる思い込みです。

ハッキリ言って、相談料が無料か有料かは関係ありません。

提案者の「スタンス」が中立かどうかです。

ビジネス的な観点で言えば、相談料をコツコツ地道に稼ぐよりも、1人の保険の契約手数料を得る方が遥かに儲かるので、とにかく稼ぎたい人は中立的なスタンスは取りません(フリはするでしょうが)。

ただ、本当に人の役に立ちたいと考えている人は、

「あなたには保険は必要ない」
「こっちの会社の保険の方が条件がよくて安い」

と自分の儲けよりも、相手の利益を重視します。

これは純粋に提案者の「考え方」の違いです。

繰り返しますが、相談料の有無は関係ありません。関係があると思いたいのは、お金を払った人だけです。

「私はお金を払ったのだから、よい人に出会えたのだ」

と信じたいだけなのです。

私なら「人の役に立ちたい」と本気で思っている「信念のある人」を見つけるまで、保険の契約しません。

そして、そのような信念のある人を見つけるために、最低でも3人以上の保険FPに会います。

見つからなければ、それ以上の人に会います。

なぜなら保険は住宅の次に高額な商品なので、悪い商品を契約すると、トータルで大損するからです。

仮に有料の保険相談を利用しても、複数の人に相談するのは、必ず実践した方がよいと考えています。

「有料で比較するのがもったいない」

と思う方は、無料でも複数人に提案を受ければ、必ず「この人だ!」と思える人に出会えます。

なので、絶対に複数人への保険相談はした方がよいと考えております。

■参考記事:生命保険の相談は複数の会社に依頼したらヤバい・・・?!

ベテランしか紹介されない保険相談サービスとは

有料ではなく、無料の保険相談でもベテランしか紹介していないマッチングサービスも存在します。

保険業歴12.1年のベテランを紹介しているところや、保険業歴5年以上しか紹介していないところもあるのです。

詳しくは別記事「オススメの保険相談サービスリスト」をご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか。

おそらく他のサイトでは書かれていない裏の情報まで書きましたので、意外な発見があったかと思います。

やはりひとつだけ言えるのは、「有料だからよいと決めつけるのはダメで、やはり自分の目で確かめるべきだ」ということです。

このことさえ伝わっていれば、必ずやあなたの保険選びのお役に立てることでしょう。

独身でも利用できる保険相談サービスとは?

保険の元プロとして断言しておきます。

独身の方には、生命保険はオススメしません。

なぜなら「生命保険は自分が亡くなった後の備えだから独身者には必要ない」と思っているからです。

しかしながら、こんな心優しい人がいるのも事実でしょう。

・自分が亡くなったら葬儀代で迷惑をかけてしまうかもしれない
・自分が亡くなったら親や兄弟の面倒を見てくれる人がいないから困るだろう

想像するだけで、泣けるような大変な人生を歩んできたか、もしくは、周囲の愛情たっぷりで心の豊かな人に育ったのでしょう。

今回は独身の方が保険相談できるサービスについてオススメなところを紹介します。

気に入ったサービスがあれば、ぜひご利用くださいませ。

続きを読む