上皮内がん(上皮内新生物/腫瘍)も保障されるがん保険

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

私が保険の外交員だった頃、お客様に

「おたくの会社では、上皮内ガンも適用になるガン保険はないの?」

と聞かれました。

私が勤めていた保険会社では、適用外の商品しかなかったため、

正直にないと伝えたところ、

「それでは、あなたのところのがん保険はいりません」

と断られてしまいました。

しかし、そこからお客様を説得し、

自社のがん保険に入ってもらったことがあります。

なぜお客様は自身の考えを変えたのでしょうか。

私が次のように説明したからです。

上皮内がんとは

上皮内がんとは、別名「上皮内新生物」や「上皮内腫瘍」と呼ばれているもので、

がんが上皮内(粘膜層)にできており、

間質細胞に侵食していない初期状態のがんのことを指します。

このがんは、いわゆる悪性と呼ばれるものではなく、

適切なタイミングで適切に治療をすれば、

再発や転移の可能性は限りなく低いと言われています。

ちなみに、治療後の3年後生存率は、ほぼ100%というデータがあります。

上皮内がんになったらどれくらいの費用がかかるのか

上皮内がんは、ただのポリープです。

数日間の入院および手術で終わり、かつ、再発する可能性も低いため、

がん保険の存在意義(長期に渡り、高額な治療費を払うリスクをまかなうもの)に反しているわけです。

そんな、ただのポリープのために、

そのリスクを上乗せされた保険料を払う必要があるのでしょうか?

私は断言します。ないです。

上皮内がんを含むがん保険に騙されないで

「上皮内がんも保障の範囲内だよ。お得だよ」

という一方的な営業トークには騙されないでください。

正しい知識を身につけ、保険を選びましょう。

当然ながら、私の書いた、この記事も深く疑ってください。

それであなたなりの答えを見つけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

【無料】保険相談で家計応援キャンペーン!

当サービスには、保険でお困りの方が多くいらっしゃいます。

そこで、保険相談サービス会社から特別な企画のオファーを受けました。

簡単に言うと、無料でファイナンシャルプランナーに保険相談すると、総額〇万円のプレゼントがもらえるサービスです。

「え・・・それなら相談してみたい・・・」

と思ったあなたは、詳細をご覧ください。

詳細を見る

SNSでもご購読できます。